» 
 » 
親子のツインソウル

ツインソウル同士の親子は、すれ違うことが多い

◆母子家庭や父子家庭として人生を歩むツインソウルもいる
ツインソウルは必ず同世代に男女として生まれてくるわけではありません。
中には親子として転生してくる二人もいるのです。
配偶者との離婚や死別を経験したりして、シングルファザーやシングルマザーの家庭の親子として、ある時期まで一対一で人生を共に歩んでいくこともあります。
親子という立場では他人同士よりも向き合わなくてはならないことも多く、そのことによってお互いの絆を深めるという目的もあって親子という役割で転生してきたのでしょう。
前世では恋人同士であったり、仲睦まじい夫婦であったりした可能性もあります。
◆親子関係になるので、喧嘩が絶えず辛い試練になりやすい
親子として転生してきたツインソウルは互いに似た部分があるために、理解しやすく思いやりにあふれてとても仲がよい場合もありますが、似ていることで反作用が起こり、問題が多々起きるようなケースもあります。
ツインソウル同士はお互いの良い面も悪い面も、まるで自分を見ているかのような合わせ鏡のようなものです。
親も子も自分の嫌な面を相手の中に見てしまい、目を逸らすことも許されず、耐え切れずにイライラした気持ちになりやすくなります。
親子ということで遠慮が無いために、言いたい放題になりやすい関係の中で喧嘩が絶えず、辛い試練となるでしょう。
◆子供側のツインソウルは、複雑な家庭事情のトラウマが大人になっても残ることがある
親はツインソウルの子育てを通して、様々な試練を乗り越えることで魂の成長を促します。
子供側のツインソウルが前世からの重いカルマを課せられて転生してきた場合は、複雑な家庭の事情によってトラウマが生まれることがあるでしょう。
幼少期のトラウマはインナーチャイルドとして、大人になった後でも心の中に生き続けます。
親子関係が原因で生まれる幼少期のトラウマを、大人側のツインソウルが協力して癒していくことはかなり難しいことです。
子供側のツインソウルはほぼ自分の力でこのトラウマを解決し、カルマを解消する必要があります。
◆信頼しあえる親子になれば、魂は成長する
ツインソウルが親子として転生してきたからには、互いの間に今生で親子という立場で解消しなければならないカルマがあるはずです。
友人や恋人などの他人同士の立場であれば、カルマから目を背けて逃げてしまうことが可能でも、親子の立場だとよほどのことがない限りは縁が切れません。
親子に生まれたツインソウル同士には、よほど重い使命が与えられているのでしょう。
ツインソウルは辛い試練を乗り越えなければ意味がありません。
肉親という立場で困難に立ち向かい、それに打ち勝てたときには、以前よりも一層信頼しあえる親子となり、魂はより深く成長するでしょう。
オススメのスピリチュアル占い
禁断の恋愛占い

禁断の恋愛占い

全てを見通す凄腕占い師が2人の悩みを解決!幸せへと導きます。

電話占いPixy

電話占いPixy

TV出演の占い師が複数在籍!人気の電話占いサイトです。