» 
 » 
会えない時の注意点

ツインソウルと会えない時は試練の真っ最中です

◆ツインソウル同士は、会えない時こそ相手のことを思うようになり、さらに絆を深めることができる
ツインソウルと衝撃的な出会いを経験した後は、一緒にいることが心地良過ぎて、一時も離れていたくない!と考えるようになります。
それは無理なことと頭では理解していても、元々は一つの魂で、本来はそこにいるのが当たり前の存在なので、一緒にいたいという欲求が抑えられなくなってしまうのです。
会えない時も相手のことをしばしば考えてしまいます。
考える…というよりは、自然に相手のことが頭に浮かんでくるような感じです。
ツインソウルは会えないからこそ、余計に相手のことを思うようになります。
それが二人の絆をさらに深めていくのです。
◆会えない間は、お互いに精神的、心理的な強さを高めている状態にあります
ツインソウルの二人は出会った後も幾度となく試練を経験し、お互いの魂のレベルを高めていかなければなりません。
この会えない時間というものも試練の一つで、お互いに会いたくてたまらない気持ちをどうにか乗り越えていかなければならないのです。
会いたいけれども仕事にいかなければならない、やらなければならないことがある、そういったことに集中する強い気持ちを持つように、いわば魂が修行をしているような状態にあります。
ツインソウル同士の会えない時間は、お互いの精神や心理的な強さを高めるために必要なものだと言えるでしょう。
◆ツインソウルは自身の魂の片割れなので、会えない時の寂しさや辛さが尋常ではないほど辛い
ツインソウルの相手は自身の魂の片割れです。
一つの同じ魂が側にないということで、自分の半身をもぎ取られてしまったかのような苦痛を感じます。
相手が傍にいないと底知れぬ不安感や寂しさ、空虚な気持ちに襲われて情緒が不安定になってしまうことだってあるでしょう。
今すぐ相手の元に飛んでいきたい!けれども、何らかの事情でそれができない、そういった気持ちを押さえ込むのにはとてつもない心理的負担があります。
この感覚が辛ければ辛いほど、苦しければ苦しいほど、その経験をした分だけ乗り越えた時の意味が大きくなるでしょう。
◆会えない時を乗り越えることで、テレパシーの強さは高まり、離れていても会話ができることもある
ツインソウルの相手とどれほど離れていたとしても、どんな時も心の中では相手のことを考え、意識しています。
相手のことを思い、心配し、心を寄せることが、無意識下で相手にも届いているでしょう。
ツインソウルの心と心は、潜在意識ではいつも繋がっています。
相手のことを強く思えば思うほど、その思いはもう一人の魂に激しく伝わるのです。
言葉に出さない自分の気持ちが相手に伝わることをテレパシーと呼びますが、まさしくツインソウルの間にはテレパシーが存在します。
どんなにお互いの距離が遠くても、ツインソウルの相手とは心で会話できるのです。
オススメのスピリチュアル占い
禁断の恋愛占い

禁断の恋愛占い

全てを見通す凄腕占い師が2人の悩みを解決!幸せへと導きます。

電話占いPixy

電話占いPixy

TV出演の占い師が複数在籍!人気の電話占いサイトです。