» 
 » 
チェイサーとは?

追う役割があるツインソウルをチェイサーと呼ぶ

◆ツインソウルには試練の中でお互いの役割が決まっており、追う方を「チェイサー」と呼ぶ
ツインソウルには、逃げる側を「ランナー」、追う側を「チェイサー」と呼ぶ役割が決められています。
出会ってしばらくしてからチェイサーには一つの確信めいた直感が、ずっと心に引っかかっていることがあるようです。
それはいつかランナーを失ってしまうという恐れの気持ち。
実際にランナーがチェイサーの元から姿を消した時には、「ついにこの日が来てしまった…」という直感が当たったことへの恐れと、自分の片割れとして大切にしてきた相手を失ってしまったことへの恐怖がチェイサーを 襲います。
これもツインソウルの間に起こる試練なのです。
◆チェイサーはランナーから逃げられた時、強い混乱に見舞われて、絶望の気持ちでいっぱいになる
チェイサーは感受性に優れ、直感も強く働くので、ランナーより一層深く傷付きやすい感性の持ち主です。
ランナーから逃げられた時にチェイサーが受けるショックは計り知れないもので、何故こうなってしまったのか、予知していたのに何の対策もとれなかったなどと、とても強い混乱に見舞われます。
どうすればランナーが自分の元へ帰ってきてくれるのかと、混乱の中で模索を始めるでしょう。
けれどもランナーは追えば追うほどに、遠くに逃げていってしまいます。
この現実をようやく理解したチェイサーは、絶望感で頭がいっぱいになってしまうでしょう。
◆ランナーは、信じて待てばチェイサーの元に必ず戻ってくるので、長い待機時間は信じて待つことが重要
ランナーが自分の元を去ってしまって失意のどん底にいるチェイサーには、「ランナーを追わない」という努力が必要になります。
ツインソウルの二人はお互いに離れようとしても離れられない存在なので、ランナーはいつかチェイサーの元に戻ってくるでしょう。
ランナーのことを信用して待つことしか、この試練でチェイサーにできることはありません。
1年よりもっと…場合によっては10年以上の長い待機時間を過ごさなければならないのです。
チェイサーに課される試練は忍耐であり、相手を信じて待ちながら精神的な自立を目指さなければなりません。
◆チェイサーは通常女性であるが、男性がこの役割になる場合もある
チェイサーは大抵の場合は女性側に多い役割ですが、男性がチェイサーになる場合もあります。
男性のチェイサーは女性のチェイサーよりも、もっとひどい混乱をきたしてしまうでしょう。
男性がチェイサーになる場合は、大抵が男性側の女性に対する依存心が強すぎることが問題となります。
なんでも察知してやってくれる女性のランナーに対して甘えが過ぎて、乗り越えなければならない試練に鈍感になっていることが多いのです。
ランナーに去られた男性のチェイサーは、彼女が自分の元を去っていった原因を突き止めることから始めなければなりません。
オススメのスピリチュアル占い
禁断の恋愛占い

禁断の恋愛占い

全てを見通す凄腕占い師が2人の悩みを解決!幸せへと導きます。

電話占いPixy

電話占いPixy

TV出演の占い師が複数在籍!人気の電話占いサイトです。